ピーターソン農場の灌漑施設(米国) | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

ピーターソン農場の灌漑施設(米国)

農水省のロゴ

海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

ピーターソン農場の灌漑施設(米国)
Irrigation Unit at Peterson Farm in the US

 

 

ピーターソン農場の灌漑施設(米国)Irrigation Unit at Peterson Farm in the US 本日は、米国ミネソタ州南部中央ノースフィールドのブルース・ピーターソンさんの農場の灌漑施設についてご紹介します。 ピーターソンさんの畑でも、灌漑しているのは1割以下ですが、保水力が低い土壌で単収を上げるには灌漑は不可欠とのこと。なお、収益性の高い、缶詰用のえんどう豆やスイートコーンの契約栽培では、干ばつ時でも確実に供給できるよう、販売会社が灌漑を義務付けていることが多いそうです。 では、動画をお楽しみください。◎需給に関する情報は農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」へhttp://www.maff.go.jp/j/zyukyu/jki/index.html◎メールマガジン「食料需給インフォメーション」の登録はこちらからhttp://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/index.html  +++++Today’s video is about the irrigation unit of Mr. Bruce Peterson’s farm at Northfield, south-central Minnesota, US. Though irrigated fields shares below 10% in Mr. Peterson's farm land. He says that irrigation unit is indispensable for low moisture holding ability soil to increase the yield.Most of the sales companies obligate to have irrigation units in case of contract farming for some fairly lucrative crops such as peas and sweet corn for canned processing products to secure those supply even under drought conditions.Please enjoy the following video. #USMinnesotaIrrigationSystem #米国ミネソタ州灌漑設備

海外食料需給インフォメーション(Global Food Supply & Demand Information)-農林水産省政策課食料安全保障室ーさんの投稿 2017年9月25日

 

 

本日は、米国ミネソタ州南部中央ノースフィールドのブルース・ピーターソンさんの農場の灌漑施設についてご紹介します。

ピーターソンさんの畑でも、灌漑しているのは1割以下ですが、保水力が低い土壌で単収を上げるには灌漑は不可欠とのこと。

なお、収益性の高い、缶詰用のえんどう豆やスイートコーンの契約栽培では、干ばつ時でも確実に供給できるよう、販売会社が灌漑を義務付けていることが多いそうです。

では、動画をお楽しみください。

◎需給に関する情報は農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

Leave a Response