山になるニンニク | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

山になるニンニク

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

山になるニンニク

 

 

行者ニンニク

 

 

この時期になると山に姿を見せる、行者ニンニク。

北海道から近畿地方にかけて分布していますが、北海道以外では標高の高い場所にしか生えず、収穫する大きさに育つまで5年以上かかることから、希少な山菜です。

名前の由来は、山にこもる修験者(行者)が、力をつけるために食べていたと言われていることと、ニンニクのような強い香りがすること。北海道のアイヌの文化では、その香りから魔除けとして使っていたという伝承もあります。

そんな行者ニンニク、今では栽培もされていて、醤油漬けはもちろん、写真のような炒め物や、天ぷらにしても美味しくいただけます。

ニンニクやニラのような香りの強い食べ物がお好きな方は、一度味わってみたらやみつきになるかもしれません。

 

写真提供:北ひびき農業協同組合(下)

 

 

 

 

 

Leave a Response