市場はどう対応するのか? | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

市場はどう対応するのか?

 

 

 

 

「卸売市場制度」が立派に機能を果たせたのは、旺盛な需要に支えられ供給が追いつかないときであった。

しかし、今日のように野菜も果実も生産過剰で需給調整をしなければならない状況になるとまったく機能しなくなる。

稲作同様に、全国どこにでも蔓延してるような大型共販品目を栽培していたのでは流通戦争では勝負にならない。

地域の伝統野菜とか自家採取できなくなったような貴重な個性的野
菜を栽培する必要がある。

それは大型小売店舗を見てれば理解できるだろう。元気があるのは生鮮に特化したコンビニのような店舗が元気だ。

生産者直売所に触発されたのか、現実にセブンイレブンでも本格的に野菜を扱いだした。

さて、こうした環境変化に市場はどう対応するのか?

 

 

 

Leave a Response