風呂あがりの一杯に | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

風呂あがりの一杯に

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

風呂あがりの一杯に

 

 

 

 

 

A-18-10-10-1905

 

 

10月10日は1010(せんとう)の語呂合わせで「銭湯の日」。

皆さんの風呂あがりの一杯は何ですか?

今日は銭湯では定番、昔懐かし「コーヒー牛乳」の歴史をご紹介。

2003年に生乳100%だけを牛乳と呼ぶように表示規制が変わり、「コーヒー入り乳飲料」という名前に変わっていますが、その歴史は長く、「コーヒー牛乳」の誕生は大正時代です。

高級品だったコーヒーを広めようと、ハワイではクリームを入れることもあるのをヒントに、クリームの代わりに牛乳と砂糖を加えた「コーヒー牛乳」が作られました。

1923年に神奈川県小田原市にある国府津駅(こうづえき)の駅弁販売店で売られたのが始まり。

ちなみに駅弁が35銭に対して「コーヒー牛乳」は20銭もしたそうですが、売れ行きは好調だったようです。

懐かしく優しい甘みの味わいは、大人になっても恋しくなりますよね。

 

 

 

 

 

Leave a Response