メロン大衆化の功労者 | メロン大衆化の功労者 -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

メロン大衆化の功労者

 

 

A-19-3-26-2322

 

 

 

青森合同青果

 

 

 


青森合同青果株式会社

 

 

 

ソーシアルメディアでアグリビジネス

 

 

 

メロン大衆化の功労者

 

 

 

A-21-5-10-550

プリンスメロンの最盛期はメロン生産量の7割を占め、一世を風靡しました

 

 

 

昭和30年代までメロンと言えば、高級なアールスメロンと在来種のマクワウリしかありませんでした。

この二種を交配させて生まれたのがプリンスメロン。

最盛期はメロン生産量の7割を占め、一世を風靡しました。

しかし、アンデスやクインシーなどのネット系の新品種に押され、現在の生産量はメロン全体の1%に減少。

希少品種となっています。

果実は小ぶりながら、独特の芳香と強い甘みで根強いファンがいます。

たまには昔を思い出して召し上がってみては?

 

 

 

 

 

 

Leave a Response