オーストラリアの耕さない、という選択 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

オーストラリアの耕さない、という選択

農水省

海外食料需給インフォメーション

-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

【耕さない、という選択】
A choice of No-till farming practices in Australia

 

耕さない選択オーストラリアの不耕起農法

 

本日は、オーストラリアの不耕起農法に携わる様子をご紹介します。同国の小麦は、例年5~7月頃に播種されますが、播種の準備は既に始まっています。

上の写真は、2月下旬、サウスオーストラリア州南部の耕起されていないほ場で、肥料散布機の試運転を行う様子です。

また、下の写真は、3月初めのビクトリア州南西部での不耕起農法の野外研修において、生産者らが真剣に小麦の切り株の状態を調べている様子です。

オーストラリア政府の調査によれば、生産者が不耕起農法を行う理由には、播種時の燃料代や人件費の削減、土壌保全や土壌水分の確保等が挙げられるとのことです。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

 

 

Leave a Response