田んぼが増えて、野鳥も増えたよ in 米国 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

田んぼが増えて、野鳥も増えたよ in 米国

eaa03db9cf8c6185eaeca13c28569780海外食料需給インフォメーション

-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

【田んぼが増えて、野鳥も増えたよ in 米国】
The more paddy field, the more wild birds in the U.S.

 

 

 

カリフォルニアの田植え終了

 

 

米国では、5月末に田植えがほぼ終了し、6月下旬時点で分げつ期~出穂期を迎えています。

中短粒種の主産地カリフォルニア州では、昨年度までの2年間、灌漑用水不足のため毎年20%ずつ作付面積が減っていましたが、今年度はほぼ平年並みに回復しました。

すると、再び作付けた田んぼ周辺では、野鳥や野生動物を多く見かけるようになったとのこと。米国でも、田んぼは生態系の中で大きな役割を果たしているようです。

◎6月の米の需給に関する情報は、「海外食料需給レポート(Monthly Report:6月)」へ

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

 

 

Leave a Response