伊達家が愛した秋限定の郷土料理 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

伊達家が愛した秋限定の郷土料理

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

伊達家が愛した秋限定の郷土料理

 

 

 

 

 

 

N-18-10-8-1441

 

 

 

鮭の煮汁を加えて炊いたご飯の上に、鮭の身とはらこ(いくら)をのせた宮城県の郷土料理「はらこめし」。

10月に阿武隈川を目指す鮭の漁が本格化し、8の字がはらこのように見えることなどにちなんで、今日は「はらこめしの日」に制定されています。

その発祥の地とされているのが伊達氏ゆかりの亘理町(わたりちょう)。

その昔、この地方を訪れた政宗公にはらこめしが献上され、これをことのほか喜んだ政宗公が側近へ吹聴したのが、世に珍重せられるに至った始まりなのだとか。

 

現在も家庭の味として愛され、町のソウルフードとも言われています。

旬は9月下旬から12月上旬。特に、10月下旬から11月上旬は鮭に脂がのっていて、はらこも固くなく、プリッとしているため一番おいしいそうです。

担当も先日食べましたが、政宗公の気持ちがわかった気がします。

 

写真提供:亘理町

 

 

 

 

Leave a Response