とろろ+麦のベストマッチング | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

とろろ+麦のベストマッチング

MAFF農林水産省 maff からシェア

 

 

 

【とろろ+麦のベストマッチング】

 

 

 

とろろの日

 

 

明日6月16日は、6(ムギ)16(トロ)ということで、「麦とろの日」です。

梅雨のムシムシした気候で夏バテの兆候が出始めるこの時期、食物繊維たっぷりの麦ごはんと、さらっと食べられるとろろを合わせた「麦とろごはん」は栄養補給にも最適です。

つるつるっとした食感のとろろですが、とろろにする芋は植物学上では、総称して「やまのいも」と呼ばれています。

このうち食用とされるものは、中国原産の「山芋(やまいも)」、日本原産の「自然薯(じねんじょ)」、東南アジア原産の「大薯(だいしょ)」に分けられます。さらに「山芋」は、長細い「ながいも」、開いた手の形のような「いちょういも」、球状の「やまといも」の3つの品種に分けられます。

ただ、地域によっては「ながいも」を「やまいも」と呼んだり、「いちょういも」を「やまといも」と呼んだり、球状の「やまといも」を「つくねいも」と呼んだりするなど通称も多く、話が噛み合わない!ということもあるかもしれません。

かたや、ぷちぷちっとした食感の麦飯は一般的に大麦を使います。主な収穫時期は5月から6月で、今年は梅雨の影響を受けず収穫を終えることができたそうです。大麦にも、うるち性の「押麦」、粘りのあるもち性の「もち麦」などがあり、様々な種類が売り場に並んでいます。

今年は、好みのやまのいもと麦ごはんで、夏バテさらば!といきませんか?
(写真提供(いちょういも・やまといも):(独)農畜産業振興機構)

Leave a Response