珍しい麺料理「ローメン」 | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

珍しい麺料理「ローメン」

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

珍しい麺料理「ローメン」

 

 

 

 

N-18-11-25-1140

 

 

 

これまで、うどん、そば、ラーメン、焼きそば…と全国の様々な麺類を紹介してきましたが、今回はこのいずれでもない珍しい麺料理をご紹介。

その名も「ローメン」。長野県南部の伊那(いな)のご当地グルメです。

諸説ありますが、昭和30年頃、冷蔵庫がなくても日持ちするよう蒸して乾燥させた麺を使い、羊毛生産が盛んで入手しやすかった羊肉と特産のキャベツを一緒にスープで煮込んだ料理を、地元の中華料理店が考案したのが誕生のきっかけとも。昔は「炒肉麺(チャーローメン)」と呼ばれていましたが、いつの間にか「チャー」がとれて「ローメン」となったそうです。

太い褐色の麺に羊肉やにんにくの香りがするスープの絡んだ独特の味は、食べるほど癖になりそう。

この「汁タイプ」の他、麺を炒めた「焼きそばタイプ」もあります。

お近くに行く機会があれば、ぜひ一度味わってみてはいかがでしょうか。

写真提供:伊那ローメンズクラブ

 

 

 

 

 

 

Leave a Response