貝殻を鍋にしてぐつぐつ♪ | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

貝殻を鍋にしてぐつぐつ♪

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

貝殻を鍋にしてぐつぐつ♪

 

 

 

 

 

N-18-9-5-1853

 

 

春から夏にかけて、貝柱が大きくなって美味しくなるホタテ。

 

もうすぐ旬は終わりますが、この貝殻を使ってまだまだ美味しく食べられる青森県の郷土料理「貝焼き味噌」をご存じですか。

直径20センチほどの貝殻を鍋代わりにして、味噌ベースの出汁で、魚介類や野菜などを卵でとじる料理です。

始まりは、江戸時代の陸奥湾の漁師飯とされ、貝殻から出る出汁が卵や具材に染みこむので、鍋で煮るのとでは全然味が違います。

ちなみに青森県では、食器棚に貝殻が保管されているご家庭もあるのだとか。

 

貝殻の出汁が具材に染みこみ、旨味が詰まった一品。

ご飯との相性もバッチリです。青森県に行かれた際はもちろん、通販でも購入できるので、皆さんも一度味わってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Response