天然イワガキは今が旬 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

天然イワガキは今が旬

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

夏こそカキ

 

 

 

 

N-18-6-28-1723

 

 

日本海沿岸の岩礁で育つ天然イワガキは、秋から冬が食べ頃となるマガキとは逆に今が旬。

産卵を控えて旨みをたっぷり蓄え、身も太って甘みも増す6月から8月中旬くらいまでが一番の食べ頃です。

山形県の庄内浜はその産地の1つ。北部に位置する鳥海山に降った雨水や雪解け水が海底からこんこんと湧き、南部からは海岸に隣接する森林からの清水が海に流れ込む。

おいしさの秘密は、この湧水により発生した豊富なプランクトンと山からの栄養をたっぷり含んだ冷たい水の中でゆっくりと成長するため。こうしてイワガキに濃厚な旨みが与えられるのだとか。

グリコーゲンやミネラルが凝縮されていて、昔から夏場の体力回復のための滋養強壮にも良いとされてきたイワガキ。

掌サイズほどの大きさに育つものもあり、特長でもある磯の風味と濃厚な旨みは、レモンをしぼって、生で味わいたいですね。

写真提供:山形県

 

 

 

 

Leave a Response