「みどりの食料システム戦略」は画に描いた餅 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

「みどりの食料システム戦略」は画に描いた餅

すばる会員入会案内

 

 

 

 

 

 

「みどりの食料システム戦略」は画に描いた餅

 

 

 

 

 

有機農業に憧れて就農した若者の多くが、なぜ3年で辞めるのか?

==農家を増やす戦略の欠如==

ジャーナリスト 山口亮子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

農家の平均年齢が67.8歳と高齢化の進む農業界にあって、若手の参入が多いのが有機農業だ。

新規就農者のうち2割は全作物で有機農業を行っており、一部の作物で有機を手掛ける者まで含めれば3割近い。

耕地面積でみるとわずか0.5%(2018年)の有機農業に、若手が集中する構図だ。

その実、有機農業での新規参入は有機以外に比べ、売上や所得が低水準になりがちで、生計が成り立つまでの年数が長い。

若者が憧れる有機農業はなぜ難しいのか。その実態をルポする。

 

 

 

 

 

 

Leave a Response