端午の節句に食べる美しい和菓子 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

端午の節句に食べる美しい和菓子

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

端午の節句に食べる美しい和菓子

 

 

 

 

A-19-5-5-1716

 

 

 

 

北海道や青森県下北地方などで作られる和菓子、ベコモチ。

法要の供え菓子にも使われますが、特に端午の節句のお菓子として食べられています。

 

ベコモチはクジラモチ、カタコモチなどとも呼ばれ、道南地域を中心に道内各地で作られています。
 

うるち米ともち米を臼で挽いて米粉を作り、白砂糖や黒砂糖を加えて成型して蒸します。

砂糖で色付けしたタネの重ね合わせや家庭にある木型を用いるなど、作る家ごとに様々な色や形のものがあるのが特徴なんだとか。
 

「束ね熨斗(のし)」という、手で形作るベコモチも。

 

ぜひ、端午の節句にベコモチを味わってみてはいかがでしょうか。

受け継ぎたい北海道の食 動画コンテスト優秀賞「じいちゃんのべこ餅」(農林水産省maffchannel)

画像提供:小田嶋政子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Response