ヒレだけじゃ無い「ふかの湯ざらし」 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

ヒレだけじゃ無い「ふかの湯ざらし」

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒレだけじゃ無い

 

 

 

 

 

N-18-9-16-1402

 

 

「ふか」といえば、フカヒレが有名ですが、実は身も食べられます。

愛媛県の南予(なんよ)地方では、その昔、漁で釣れた「ふか」が売り物にならないので、どうすれば美味しくなるかと考え、酢みそを添えて酒の肴にしたことがはじまりで、これが「ふかの湯ざらし」という郷土料理になり、今では冠婚葬祭の食事の席に欠かせないものになりました。

皮が付いたままの刺身を湯通しして、その後水にさらして作り、淡泊で弾力がある身に、ピリッとしたからしと酢みそを合わせた「みがらし味噌」がよく合います。

愛媛県へ旅行される際は是非お試しください。

 

写真提供:宇和島市観光物産協会

 

 

 

 

Leave a Response