安易な卸の合併はかえって危険だ | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

安易な卸の合併はかえって危険だ

 subaru

 

 

 

安易な卸の合併はかえって危険だ

 

札幌市中央卸売市場の卸売会社が合併

 

 

 

 

これで札幌市中央卸売市場の販売力・集荷力はさらに低下するだろう!

いま全国的に行われている卸売会社の合併は攻めの合併ではなく、経営不振による守りの合併だからだ。

平成の合併をみていると、どこも販売力・集荷力をなくしている。1+1が2になり3になっていないのだ。

需要拡大のもと昭和42年に行われた東京・神田市場の合併は、取扱高1位と2位の大型合併で量販店対応の攻めの合併で東京青果が誕生した。

しかし、力をなくした卸同士が合併しても何もできないのだ。

平成の安易な合併をみてみれば、そのことがよく理解できるはずだ。

 

++++++++

 

札幌市中央卸売市場

 

札幌市中央卸売市場の青果部では、卸売業者(丸果札幌青果㈱と札幌ホクレン青果㈱)が会社合併する。

1 会社合併の期日(予定)
平成30年5月1日

2 会社名
札幌みらい中央青果株式会社

 

 

 

Leave a Response