シチリアの赤オレンジにブロックチェーンを導入 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

シチリアの赤オレンジにブロックチェーンを導入

 

 

 

 

 

 

シチリアの赤オレンジにブロックチェーンを導入

ブロックチェーンの導入は偽装品の排除にも役立つだろう

 

 

 

 

 

A-19-12-16-1435

 

 

 

ソース:新華社

 

 

新華社通信の記事の内容はこうしたことだ。

 

イタリアは最先端技術の使用を開始し国の商業製品の真正性を保証する。

イタリアの農務省は今週、ブロックチェーン技術を導入して、海外で販売されているすべての赤まみれのシチリア産オレンジが本物であることを保証することを発表。

オレンジは、オレンジ色の果皮と果肉のなかに真紅の果肉があり、特定のハイエンドチーズやワインと同様にイタリアでは地理的地位が保護されています。

オレンジは世界中の数十カ国に輸出されています。

シチリアのレッドオレンジ保護コンソーシアムの副会長であるエレナ・アルベルティーニ氏によると、「ブラッドレッドオレンジの大部分はイタリアで栽培されていますが、国固有のものではありません。シチリアの赤オレンジには独特の特徴があり、甘さと酸味の特別なバランスがある」と新華社に語った。

他の地域で栽培されている果肉は赤いが全体の味と品質が異なる他のオレンジは、本物のシチリア製品であるかのように国際的に販売される可能性があります」

ブロックチェーンはそれを防ぐのに役立つのです。

たとえば500グラムから5キログラム以上のサイズの製品の各パッケージには、農場から市場へのパッケージの通過のすべてのステップを記録する特別なブロックチェーン「タグ」が含まれます

「だからすぐにオレンジがサプライチェーンのどこにあるのかがわかります」とアルベルティーニ氏は説明した。テクノロジーコンサルタント会社のAntonio Amati氏によると、「ブロックチェーンのタグは、オレンジの保存状態、輸送中の進捗状況、及び熟度の監視に役立ちます。しかし、最も重要なことは本物の製品が消費者に届くことを保証するのに役立ちます」と語った。

さらにAntonio Amati氏はこう続けた。

「ブロックチェーン技術を導入することで、異なる地域の異なる品質のオrンジが潜り込んでくることができなくなります。こうしたプロセスはすでにハイエンドワインやオリーブオイルなどの一部の製品に導入されています。これによりシチリアのオレンジは本物の製品を購入する消費者の安全性に関して同じレベルになります」

イタリア当局は12月12日にローマで開催された特別なイベントで計画を発表した。

同氏はこうした新システムは2020年2月1日までに完全に導入されるだろうと付け加えました。

 

日本の銘柄産地でも同じ悩みを抱えています。ブロックチェーンの導入は我が国でも導入する必要がありそうです。

こうした最先端のブロックチェーンシステムが導入されると、流通そのものが一変される可能性があります。

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Response