稲の生育状況は総じて良好(豪州) | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

稲の生育状況は総じて良好(豪州)

農水省のロゴ

海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

 

 

稲の生育状況は総じて良好(豪州)
Crop conditions for paddy rice are generally favourable in Australia

 

 

 

 

 

稲の生育状況は総じて良好(豪州)

 

 

 

南半球の豪州では、例年、田植えは10月頃、収穫は翌年3~4月頃に行われます。

本日の写真は、2018年1月末に撮影された、開花期を迎えたニューサウスウェールズ州南部の稲の様子です。生産者によれば、生育状況は良好で、開花が始まったことに安堵しているとのこと。

豪州政府の穀物報告(2018.2.12公表)よれば、 2017/18年度の米の生産量は、前年度を1%下回る80万トンとなる見込みです。

これは、夏は平年に比べて高温乾燥型の天候となったものの、灌漑地で栽培される作物の生産見通しは良好となっているためです。

なお、灌漑用水の量は、前年同時期より少ないものの、作付した圃場をまかなうには十分となっているそうです。

 

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

+++++

In Australia, in the southern hemisphere, rice is usually planted in October and harvested during next March and April.

Today’s photo shows a paddy in the flowering stage in the southern New South Wales in 31st January 2018. The plant looked healthy and the farmer is happy to see the plant begin flowering.

According to Australian Crop Report released 12th February by Australian Government, rice production is forecast to decrease by 1% to around 800,000 tonnes.

Below average rainfall and above average temperature in summer cropping regions, however, prospects for irrigated crop are good.

Supplies of irrigation water are lower than at the same time last year but are sufficient for the area planted and seasonal conditions have been favourable.

#Australiarice #オーストラリア米

 

 

 

 

Leave a Response