焼畑農法により栽培された「温海かぶ」(あつみかぶ) | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

焼畑農法で栽培された「温海かぶ」(あつみかぶ)

 
 

 

 

 

 


 

庄内地域特産

 

焼畑農法により栽培された「温海かぶ」

 

 

 

y20_p01 温海かぶ

 

 

 

原産は中央アジア、

シルクロードを経て日本に伝わったと言われ、

330年の歴史がある。

現在も伝統的な焼畑農法が続けられている。

天明5年(1785年)に徳川幕府に献上したとの記録が残されている。

根部外皮は暗紫色、内部は白色。

皮は薄く、肉質は緻密でやや堅く、甘みがある。

 

詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

Leave a Response