とうもろこしの作柄は長引く乾燥により悪化の一途(アルゼンチン) | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

とうもろこしの作柄は長引く乾燥により悪化の一途(アルゼンチン)

農水省のロゴ

海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

 

 

とうもろこしの作柄は長引く乾燥により悪化の一途(アルゼンチン)
Corn conditions continues to deteriorate due to dryness in Argentina.

 

 

 

 

 

 

とうもろこしの作柄は長引く乾燥により悪化の一途(アルゼンチン).

 

 

 

米国農務省(USDA)によれば、2017/18年度のアルゼンチンとうもろこしの生産量は36百万トンと、前月から3.0百万トン下方修正され、前年度を12.2%下回る見込みです。

収穫面積は5.2百万ヘクタールと、前年度を6%上回るものの、単収は6.92トン/ヘクタールと、前月から0.58トン/ヘクタール下方修正され、前年度を17.3%下回る見込みとなっています。

アルゼンチンのとうもろこしは、早植え種、遅植え種共に高温乾燥型の天候により壊滅的な影響を受けており、ブエノスアイレス穀物取引所によれば、2月28日現在、早植え種の作柄評価は、良/やや良が9.0%、並みが23.1%、不良/やや不良が67.9%、遅植え種の作柄評価は、良/やや良が1.9%、並みが13.0%、不良/やや不良が85.2%となっています。

写真は、2018年2月2日のブエノスアイレス州のとうもろこし畑です。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

+++++

 

According to USDA, Argentina corn production for 2017/18 is forecast to 36 million metric tons, down 3.0 million tons from last month and 12.2 percent from last year.

Although the harvested area is estimated at 5.2 million hectares, 6 percent higher than last season, the yield forecast of 6.92 tons per hectare is 0.58 tons per hectare below last month’s yield and 17.3 percent lower than last year.

Argentina corn, both early and late planted crops, has been catastrophically affected by heat and dryness.

According to Buenos Aires Grain Exchange, as of 28th February 2018, about the conditions for early planted crops, excellent/good is 9.0%, fair is 23.1%, poor/very poor is 67.9%. About the conditions for late planted crops, excellent/good is 1.9%, fair is 13.0%, poor/very poor is 85.2%.

The photo shows a corn field in Buenos Aires on 2nd February 2018.

#Argentinecorn #アルゼンチンとうもろこし #dryness #乾燥

Leave a Response