冬小麦の越冬は順調(中国・山東省) | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

冬小麦の越冬は順調(中国・山東省)

農水省のロゴ

海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

 

 

 

冬小麦の越冬は順調(中国・山東省)
Winter wheat field in dormancy keeps good conditions in Shandong, China

 

 

 

 

 

 

 

本日の写真は、ともに中国・山東省の冬小麦畑で、写真①は1月28日、写真②は2月5日に撮影したものです。

生産者によれば、同地域で2018年1月27日に降った雪で乾燥状態が改善し、28日以降は、日中気温が5度以上となったため、雪がすぐに解けたそうです。

この調子でいけば、2月中旬から再成長を開始する見通しであるとのこと。

中国中央気象台の報告(2018.2.6)によれば、1月は同国の中東部で3度も大雪が降りましたが、積雪(スノーカバー)で作物は寒さから守られており、雪の水分で土壌水分量も増えたため、越冬中の冬小麦への影響は大きくないそうです。

また、気温低下により病害虫が減り、春以降の病害虫の被害が少なくなると見られます。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

 

++++++++

 

Today’s photo shows a winter wheat field in Shandong, China. Photo① was taken on 28th January 2018 and Photo② was taken on 5th February.

The grower of this field told that the dry conditions were improved by the snowfall on 27th January, and the snow was melt soon by 5 degree Celsius and above. The crop seems to resume growth in middle of February.

According to a report by the National Meteorological Centre of CMA, winter wheat in the dormancy has not received any serious damages from 3 times heavy snowfall in Central East China during January 2018 because enough snowcover kept the crop warm and soil moisture was increased by the snow. Further, cold temperatures decreased diseases and pest insects on the field and that will contribute lower damages by them in spring.

#Chinawinterwheat #中国冬小麦

 

 

 

Leave a Response