大半の冬小麦の生長は順調(欧州) | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

大半の冬小麦の生長は順調(欧州)

農水省のロゴ

海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

大半の冬小麦の生長は順調(欧州)
Most winter wheat in good conditions in Europe

 

 

 

 

 

大半の冬小麦の生長は順調(欧州)1-1

 

大半の冬小麦の生長は順調(欧州)

 

 

 

欧州の冬小麦は、例年、10~11月頃に播種され、翌年7~8月頃に収穫されます。

本日の写真は、2月10日に撮影した英国南東部ケント州の冬小麦畑です。同地域では、1月にはそれなりの雨が降って土壌水分量が適量となり、降雪・降霜も少なく温暖であったため、越冬状況は良好となっています。

国際穀物理事会の報告によれば、作柄は総じて良好ですが、2018/19年度のEU全体の小麦の収穫面積は、 2,570万ヘクタールと、過去5年間で最低となる見込みです。

 

これは播種時期にドイツ、ポーランド、バルト諸国の一部で大雨のため洪水が発生したこと等が原因です。

 

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

+++++++++

In Europe, winter wheat is usually planted during October and November and harvested during July and August in the next year.

Today’s photos show winter wheat fields in Kent, southeast England taken on 10th February 2018.

The crop is overwintering well in January with good soil moisture by some significant rainfall, and with relatively mild temperatures by some limited snow and frost.

According to the Grain Market Report by IGC, while conditions for winter crops in EU remain broadly favourable, harvested area is forecast at a 5-year low of 25.7 million ha.

Because abundant rains have resulted in some waterlogging in Germany, Poland and the Baltics during seeding period.

#UKwheat #英国小麦 #overwintering #越冬中

Leave a Response