夏の暑さ、ダメージではなくプラスに(米国) | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

夏の暑さ、ダメージではなくプラスに(米国)

農水省のロゴ

海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

 

夏の暑さ、ダメージではなくプラスに(米国)
Hot summer, helping more than hurting the growth of rice in the US

 

 

 

 

 

米国カリフォルニア州・サッター郡の米生産者

 

 

 

 

本日は、米国カリフォルニア州・サッター郡の米生産者、トム・バトラーさんからの報告をお届けします。

バトラーさんは、お父さんとともに4,000エーカー(約1,600ヘクタール)で稲作をしています。

曽祖父の代までは畜産をしており、約半分に飼料作物のアルファルファを植えていたそうですが、ここ10年くらいで米に特化したそうです。

そのバトラーさんから頂いた、8月30日時点の水田の状況についてのコメントをご紹介します。

「登熟期、そして収穫を迎える稲のために水管理を行っていますが、正直言って暑い中での作業は楽しいものではありません。

また、暑さは米の完熟を阻害する懸念もあるのですが、今年は春の長雨で田植えが遅れたため、収穫が遅れるのではと心配していたので、この暑さはダメージではなくプラスになると思われます。

私たちは、この暑さで生長の遅れを取り戻し、無事収穫できることを祈っています。

 

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

 

 

 

Leave a Response