宇宙のデータを農業へ | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

宇宙のデータを農業へ

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

宇宙のデータを農業へ

 

 

 

 

N-18-10-4-1715

 

 

今日は「宇宙開発記念日」。

61年前のこの日、人類は初めて人工衛星の打ち上げに成功しました。

そして現在、地球を回っている衛星は、なんと4,400機以上。

近年打ち上げられる衛星は、撮影の頻度や画像の解像度が大幅に向上したことなどから、衛星データを利活用した宇宙ビジネスが大きな広がりを見せ始めています。

農業分野もその一つ。例えば、青森県で初めてかつ四年連続「米の食味ランキング」で最高評価を獲得した「青天の霹靂(へきれき)」では、衛星を活用し、このお米を生産する水田1枚1枚について、最適な収穫時期の予測や、お米のおいしさを左右するタンパク質含有量などを推定。

データを農家の方々のスマホやタブレットなどに届け、栽培のためのアドバイスをしているそうです。

他にも牧草地や森林の管理、水産養殖などへの利用が見込まれています。

農林水産業に大きな変革がもたらされそうです。

 

 

 

 

Leave a Response