実りの季節のご馳走 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

実りの季節のご馳走

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実りの季節のご馳走

 

 

 

 

 

 

A-18-9-18-1829

 

 

この時期、全国各地で秋祭りが行われています。

本日ご紹介するのは、徳島県で秋祭りの際に欠かせない郷土料理、「ボウゼの姿寿司」です。

「ボウゼ」とは徳島県の方言でイボダイ(スズキ目イボダイ科)のこと。頭を付けたまま背開きにしたボウゼを、身が白っぽくなるまで酢に浸けた後、ボウゼのお腹に寿司飯を詰め、形を整えて重しをして完成です。

徳島県の名産であるスダチを、寿司の上に添えたり、ボウゼを浸ける酢や寿司酢に加えることもあるとか。

個性的な見た目ですが、ボウゼは酢でしめてあるため、骨も柔らかくなっていて、頭から丸ごと食べられるのだそう。

旬の魚と新米との組み合わせ。まさに実りの季節のご馳走ですね。

 

 

 

Leave a Response