ガンバレ!田んぼの三連水車 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

ガンバレ!田んぼの三連水車

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

田んぼのSL

 

 

 

 

 

 

 

 

福岡県朝倉市の田植えは、麦の収穫が終わった今頃から。

田んぼに水を引くために、水車が間もなく動き始めます。

中でも菱野の三連水車は、約230年前に設置され、現在動いている水車の中で最も古くから使われているもの。

他の地区にある二連水車とともに、現役で田んぼを潤します。

これら水車群は、6月17日の通水式が終わった後から、稲の刈り取りが終わる10月中旬まで動き続けます。

ゴットンゴットンと音をたてながら回る様子は、まるで「田んぼのSL」。

羽根車などの木製部品は、地元の水車大工さんが5年ごとに作り替えていて、このおかげで、水車造りの技術が継承されるとともに、いつまでも使い続けることができています。

 

昨年の九州北部豪雨では、流れてきた土砂や流木による被害を受けましたが、今年は、途中で止まることなく動き続けてほしいです。

 

 

 

 

 

 

Leave a Response