日本各地の山椒は特色がある! | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

 日本各地の山椒は特色がある!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 日本各地の山椒は特色がある!

~世界で初めて、山椒をゲノムレベルで分類~

 

 

 

 

A-21-4-21-1955

~世界で初めて、山椒をゲノムレベルで分類~

 

 

 

 

 

 

有機農業ニュースクリップ@OrganicNewsCliさんからRT

【プレスリリース】

 

日本各地の山椒は特色がある! ~世界で初めて、山椒をゲノムレベルで分類~

 日本の研究.com

【発表概要】

佐賀大学のギヌシカ・ペマラタナ(スリランカからの留学生)やその指導教員の永野幸生らの研究グループは、東京聖栄大学の福留奈美、兵庫大学の山﨑一諒らと共に、山椒のゲノムレベルでの分類を世界で初めて実施しました。朝倉山椒(兵庫県・養父市)、有馬山椒(兵庫県・神戸市)、高原山椒(岐阜県・高山市)、ぶどう山椒(和歌山県)など、各地に様々な山椒があります。「これら各地の山椒がどう違うの?」という問題を、最新のゲノム科学により解明しました。その結果、各地の山椒がそれぞれ興味深い特色をもつことが分かりました。本研究の成果は、各地の山椒のブランド化に活かされることが期待されます。本研究成果は、英国の科学雑誌「Scientific Reports」誌(ネイチャー・リサーチ社)に3月19日付けで掲載されます。

  
【論文情報】

雑誌名: Scientific Reports (ネイチャー・リサーチ社) (2021年3月19日オンライン掲載)

論文タイトル: Elucidation of Japanese pepper (Zanthoxylum piperitum De Candolle) domestication using RAD-Seq

著者: Maddumage Dona Ginushika Priyadarshani Premarathne 1, Nami Fukutome 2*, Kazuaki Yamasaki 3, Fumiyo Hayakawa 4, Atsushi J. Nagano 5, Hisataka Mizuno 6, Nobuo Ibaragi 7, Yukio Nagano 1*#

ギヌシカ・ペマラタナ 1、福留奈美 2*、山崎一諒 3、早川文代 4、永野惇 5、水野文敬 6、茨木信雄 7、   永野幸生 1*# (*は同等に貢献、#は責任著者) 

佐賀大学、2. 東京聖栄大学、3. 兵庫大学、4. 農研機構、5. 龍谷大学、6. 岐阜農林事務所、朝倉山椒継承会

DOI: https://doi.org/10.1038/s41598-021-85909-9 

 

 

 

 

Leave a Response