日本農業再生 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

果物の味覚はどうして決まるのか?

 日本農業再生

 

 

 

 

 

ソーシアルメディアでアグリビジネス

 

 

果物の味覚はどうして決まるのか?

 

 

 

 

 

 

果物の味覚(みかく)を判断するときに何が重要だと思いますか?

ウキペディアによりますと、味覚は、動物の五感の一つであり、食する物質に応じて認識される感覚です。

生理学的には、甘味、酸味、塩味、苦味、うま味の5つが基本味に位置づけられます。

基本味の受容器はヒトの場合おもに舌にあります。

基本味が他の要素(嗅覚、視覚、記憶など)で拡張された知覚心理学的な感覚としての味は、風味(ふうみ、flavour)と呼ばれることが多い。

また、認識の過程を味わう(あじわう)と言います。

ともあれ果物の場合、糖度だけが話題になりますが5つの基本味に、風味(フレーバー)が大切な要素だと思うのです。

 

 「すばる会員」お申し込みはこちらへ

 

 

 

 

 

Leave a Response