ブラジル人のソウルフード「シュラスコ」 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

ブラジル人のソウルフード「シュラスコ」

農水省のロゴ

海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

 

ブラジル人のソウルフード「シュラスコ」
Brazilian soul food “Churrasco“

 

 

 

 

 

シュラスコ1-1

 

シュラスコ1-2

 

シュラスコ1-3

 

シュラスコ1-4

 

 

 

本日はブラジルの代表的な料理「シュラスコ」をご紹介します。

「シュラスコ」とは、鉄串に牛肉を中心とした様々な肉の様々な部位を串刺しにし、塩を振り、炭火でじっくりと焼きあげる肉料理です。

シュラスコを供するレストランでは、串刺しされた肉の塊を、ウエイターが客席に運び、客は、食べたい肉が来たら食べたい分だけ切り分けてもらいます。

とにかく、ウエイターさんは肉をひっきりなしに運んでくるので、運ばれてくる肉をその都度頂いていたらあっという間にお腹いっぱいになってしまいます。

よく肉を吟味し、食べたい肉に焦点を合わせ、戦略的に食べねばなりません。

ご一緒したブラジル人たちは、しっかりと肉の部位や焼き加減を吟味し、切り分ける場所まで指示するという徹底ぶりでした。

さすがは世界第2位の牛肉生産国ブラジル。

牛肉に対する造詣が深く、牛肉愛がハンパないです。

ブラジル人にとっての牛肉は、私たち日本人にとってのマグロのようなものなのかもしれませんね。

 

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

+++++

Today, I would like to introduce Brazilian representative dish “Churrasco”.

“Churrasco” is a meat dish that is grilled various parts of different meat, mainly beef, on metal skewer, with salt thoroughly on charcoal fire.

In the restaurant serving churrasco, the waiters bring the skewered meat lumps to the guest tables, and the guests request them to cut out as much meat as they want. Anyway, the waiters bring meat all the time, so if you get the meat each time, you will be full of your stomach soon.

You must select the meat carefully and focus on the meat only you want and eat it strategically.

The Brazilians, who shared a table with me, select the part of meat and doneness strictly, and ordered even the place to cut meat.

Brazil is just as expected, the second largest producer of beef in the world.

They have a deep knowledge of beef and extremely love beef.

Beef for Brazilian people might be like tuna for Japanese people.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Response