収穫直前の大麦畑(ロシア) | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

収穫直前の大麦畑(ロシア)

農水省のロゴ

海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

 

収穫直前の大麦畑(ロシア)
Barley fields just before harvesting in Russia

 

 

 

 

 

収穫直前の大麦畑(ロシア)Barley fields just before harvesting in Russia 本日は、ロシアの大麦についてご紹介します。 ロシアは、世界有数の大麦生産国で、生産量は約1,700万トンです。大麦の生育は、小麦より早めで、今年は6月後半からロシア南部で収穫が開始されています。 ロシアの西端、ウクライナと国境を接するクルスク州には、同国の大手ビール用大麦会社、ルースキー・ヤチメニ社があります。同社の社名は、日本語で「ロシアの大麦」という意味です。同社では、大麦、とうもろこし、大豆などの穀物や油糧種子を栽培するとともに、ビール用の麦芽の製造・販売も行っています。 本日の動画では、そのルースキー・ヤチメニ社の社長 セルゲイ・ミリューク氏に、収穫間近の大麦畑の様子を伺いました。 どうぞお楽しみ下さい。◎需給に関する情報は農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」へhttp://www.maff.go.jp/j/zyukyu/jki/index.html◎メールマガジン「食料需給インフォメーション」の登録はこちらからhttp://www.maff.go.jp/j/pr/e-mag/index.html  +++++Today’s topics is Russian barley.Russia is one of the biggest barley producer in the world and produces around 17.0 million tonnes. Barley usually grows a little bit faster than wheat and its harvest has started since latter June 2017 in southern part of Russia.“Russky yachmen” is one of the leading producers of malting barley at Kursk Oblast, western part of Russia and having a border with Ukraine. The company’s name means “Russian barley”. The company produces and sells malt for beer, and also grows barley, maize, soybean and other crops.Today’s movie shows a barley field just before harvesting with interview of Mr. Sergey Miryuk, CEO of the company. Please enjoy the following movie. #russianbalrey #ロシア大麦 #justbeforeharvestingbarley #収穫直前の大麦

海外食料需給インフォメーション(Global Food Supply & Demand Information)-農林水産省政策課食料安全保障室ーさんの投稿 2017年8月24日木曜日

 

 

本日は、ロシアの大麦についてご紹介します。

ロシアは、世界有数の大麦生産国で、生産量は約1,700万トンです。

大麦の生育は、小麦より早めで、今年は6月後半からロシア南部で収穫が開始されています。

ロシアの西端、ウクライナと国境を接するクルスク州には、同国の大手ビール用大麦会社、ルースキー・ヤチメニ社があります。

同社の社名は、日本語で「ロシアの大麦」という意味です。

同社では、大麦、とうもろこし、大豆などの穀物や油糧種子を栽培するとともに、ビール用の麦芽の製造・販売も行っています。

本日の動画では、そのルースキー・ヤチメニ社の社長 セルゲイ・ミリューク氏に、収穫間近の大麦畑の様子を伺いました。
どうぞお楽しみ下さい。

◎需給に関する情報は農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

 

Leave a Response