休眠中の各地の冬小麦 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

休眠中の各地の冬小麦

農水省 政策課

海外食料需給インフォメーション 

-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

休眠中の各地の冬小麦
Winter wheat in dormant

 

休眠中の各地の小麦休眠中の各地の冬小麦

 

 

 

暖冬とはいえ寒い冬。本日は、休眠しながら春を待っている各地の冬小麦をご紹介します。

冬小麦は土壌温度が低い状態が続くと枯死してしまうため、外気の寒さを防いでくれる積雪(スノーカバー)はとても大切な存在です。しかし、写真①のウクライナでは、今年は雪が少なく、今後の寒波到来による凍害発生の懸念もありますが、今のところ大丈夫だそうです。

写真②の米国カンザス州では、朝の凍てつく寒さで氷がつきましたが、作柄には影響がなかったとのこと。
写真③のカナダのオンタリオ州南部でも作物の状態は良好です。この写真撮影後には雪が降り、1月下旬時点で同州産地のほとんどが雪に覆われているそうです。

写真④のフランス西部でも暖冬で、生長が例年より2ヶ月程度早いそうです。しかし、フランスには「バルコニーで過ごすクリスマスの後のイースターは決まって寒い」(クリスマスが暖かいと春は寒い)という諺(ことわざ)があるそうです。今後の気候が気になりますね。

◎需給に関する情報は、農林水産省ホームページ「食料需給インフォメーション」

Leave a Response