サラサラと食べられる奄美の味 | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

サラサラと食べられる奄美の味

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

サラサラと食べられる奄美の味

 

 

 

 

A-18-8-25-1401

 

 

奄美大島で生まれ、今では島を代表する料理の「鶏飯(けいはん)」。

蒸したささみ、甘辛く煮た椎茸、錦糸卵、ネギ、パパイヤの漬物など、様々な具材をご飯の上に盛り付け、熱々の鶏がらスープをかけて食べる料理です。

この鶏飯、もともとは、奄美群島が薩摩藩の支配下に置かれていた頃、島民が薩摩藩の役人をもてなすために作ったと言われています。

当時、貴重だった鶏を1羽つぶし、丸ごと無駄なく使う先人たちの生活の知恵から生み出された料理なのだとか。

ちなみに、現在では鶏がらスープをかけて食べますが、昔は炊き込みご飯のようなものだったそうです。

あっさりとした味わいで、暑さで食欲が出ない時でも、お茶漬けのようにサラサラと食べられる南国の島ならではのこの料理。

夏バテ気味でもおかわりができてしまいそうですね。

 

写真提供:鹿児島県地鶏振興協議会

 

 

 

 

Leave a Response