夏が旬で呼び名が変化する出世魚のスズキ | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

夏が旬で呼び名が変化する出世魚のスズキ

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 夏が旬で複数の呼び名があるスズキ

 

 

 

 

N-18-8-19-1114

 

 

釣り人からはシーバスと呼ばれ、幼魚から成魚までに、コッパ→セイゴ→フッコ→スズキと呼び名が変化する出世魚です。

平清盛が熊野神社へ参拝する際、途中の海上で船に飛び込んできたのが「スズキ」で、その後、出世したことから、縁起の良い魚とされています。

血合いがほとんどない白身で、「スズキ」という名前は「すすぎ洗いしたようなきれいな身」に由来するとの説も。

刺身はもちろん、煮ても焼いてもおいしいですが、暑い今の時期は、そぎ切りにした身を、氷水に入れて身を引き締めた「洗い」を、さらに氷の上に盛りつけるのが、涼やかでオススメです。

 

 

 

 

 

 

Leave a Response