タンスの中の森 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

タンスの中の森

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

タンスの中の森

 

 

 

 

 

N-18-6-3-1103

 

 

神社や公園などで見かける大きな樹の一つに楠(クスノキ)があります。

ちょうど今が新緑の葉と花が美しい時期で、特有の香りは衣類の防虫剤としてお馴染みの樟脳(しょうのう)の香りです。

現在流通している樟脳はほとんど合成品で、松脂由来のテレピン油から作られますが、九州では楠のチップを水蒸気蒸留することで、天然の樟脳が作られています。

ちなみに、約25kgの樟脳を作るには、楠のチップが6t必要だそう。

樟脳といえば独特のツンとする強い匂いのイメージがありますが、天然の樟脳の匂いを嗅いでみると、「おばあちゃんのタンスの匂い」とはちょっと違い、思いのほか清々しい植物の香りがしました。

メントールやユーカリなどの香りが苦手でない方は、ぜひ一度お試しになってみてください。

 

写真提供:福岡県(下)

 

 

 

 

 

 

Leave a Response