大量生産・大量消費が終焉するなかで・・・ | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |カテゴリ一覧 |

大量生産・大量消費が終焉するなかで・・・

日本農業再生

 

 

 

大量生産・大量消費が終焉するなかで・・・

 

 

 

 

 

アスリートたちもとても食生活に気を使っている人が多い。

たとえばとりわけトップアスリートの朝原宣治さんは、無農薬栽培の稲作にもチャレンジされているほどます。

もう大量生産、大量消費の時代ではありません。

 

アメリカのウオルマートを見ていても、新規店舗の出店より大量の不採算店舗を閉鎖している状況です。

国内の大型量販店も販売不振に喘いでいて、青菜に塩状態です。

 

だから市場流通も毎年、市場流通のシェアは縮小しています。

 

産地は大量の化学肥料や除草剤などの農薬使用では、販売不振のなかでコストだけ上昇して採算に乗りません。

「安全・安心」の意識改革をしていかないと、市場流通の巻き返しなど不可能です。

 

 

 

 

 

Leave a Response