花も団子も | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

花も団子も

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

花も団子も

 

 

 

 

花も団子も

 

 

 

あちらこちらで桜の開花の便りが聞かれますね。

先日の十六団子に続き、今日は花見団子の話です。

 

花見の習慣は平安時代からありました。

大きく変わったのは豊臣秀吉が行った醍醐の花見(慶長3年=1598年)の頃からで、諸国より銘菓が集められ、とても豪華なものとなったようです。

以来、花見は華やかなものとなり、江戸時代中期には一般庶民にまで広がりました。

花見団子の三色には諸説ありますが、元来は紅色と白が“紅白の縁起物”。

草色は、その昔から“緑色は邪気を払い疾病除けの色”であったことから用いられたと言われます。

春の訪れは農作業の始まりも意味する大切な時期ですが、季節の訪れを花見や団子で楽しむ風情も日本の文化ですね。

 

 

 

 

Leave a Response