マダラの子 | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |カテゴリ一覧 |

マダラの子

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

マダラの子

 

 

 

 

マダラ

 

 

寒さ真っ直中のこの時期、マダラが旬を迎えています。

マダラは、日本に分布する3種のタラ類(マダラ、スケトウダラ、コマイ)の中では一番大型のもので、体長は約120㎝、体重は重いものだと20㎏を超えるほどに成長します。

柔らかく脂肪の少ない白身、鍋や汁物には欠かせないこってりとした味の白子(精巣)、そして淡白でありながら旨味のある出汁が出るアラなど、旬のマダラは捨てる部分がないと言われるほど、すべての部分が美味しい魚です。

ところで皆さんは、マダラの卵をご覧になったことはありますか。

冬に新鮮なマダラが獲れる地域であればおなじみの食材なのですが、スケトウダラの卵を塩漬けにした皆さんおなじみのタラコとはまったく違って、マダラの卵はかなり大きい上に、見た目はちょっとグロテスクなので、初めて見る方はギョッとするかもしれません。

先日、近所のスーパーでめずらしくマダラの卵を見つけたので、久しぶりに子供の頃地元でよく食べたマダラの子の煮付けを作ってみました。

いわゆるタラコとはまったく違うもちもちした味わいは、懐かしくて箸が止まらなくなる美味しさでした。

 

 

 

Leave a Response