食糧難を救った小麦農林10号 | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |カテゴリ一覧 |

食糧難を救った小麦農林10号

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

食糧難を救った小麦農林10号

 

 

 

 

 

N-19-6-17-1737

 

 

 

 

初夏は小麦の収穫期ですので、今回は、稲と小麦に生涯を捧げた育種家の稲塚権次郎氏が、1935年に育成した「小麦農林10号」をご紹介します。

戦後、農学者のノーマン・ボーローグ氏がこの小麦農林10号と交配した新しい品種を誕生させ、食糧難を救ったことから、後に「緑の革命」と呼ばれるようになりました。小麦農林10号は、草丈が低いので倒れにい、成長が早い、収量が多いといった特徴があり、その遺伝子を受け継いだ新しい品種は多くの国や地域で栽培され、小麦の飛躍的な増産が実現したのです。

稲塚権次郎氏の生涯は、「NORIN TEN “農の神”と呼ばれた男 稲塚権次郎物語」という映画になっています。麦秋の季節に、美しい小麦畑を想いながらの映画鑑賞もいいかもしれませんね。

 

 

 

 

Leave a Response