初夏の知らせ | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |カテゴリ一覧 |

初夏の知らせ

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

初夏の知らせ

 

 

 

 

 

n-19-4-27-1658

 

 

 

 

 

南国高知で、初夏の訪れを知らせる果物としてポピュラーな「小夏」。

原産地の宮崎では品種名である「日向夏」、愛媛では「ニューサマーオレンジ」と呼ばれています。

 

今回、ご紹介するのは、食べ方。他の柑橘類のように、表皮を手でむくことはしません。

ナイフを使い、円を描くように、くるくると薄くむきます。ふかふかした白い甘皮部分を残すのがポイント。

実は、小夏の甘みはこの甘皮に詰まっているんです。また、むいた皮を砂糖と一緒に煮るとマーマレードに変身!

 

4月から5月までの約2か月間が旬。

暑くなり始める頃に、ぜひ、食べてみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Response