砂が歯の代わり | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |カテゴリ一覧 |

砂が歯の代わり

MAFF

 

 

 

 

 

 

 

 

砂が歯の代わり

 

 

 

 

 

 

A-19-2-28-1724

 

 

毎月28日は「に(2)わ(8)とり」の語呂合わせで、鶏の日です。

そんな鶏の日にちなんで、今日は鶏肉のある部位についてご紹介します。

 

焼き鳥などでよく食べられ、独特の食感がある砂肝。

正式名称は砂嚢(さのう)と言いますが、なぜ「砂」という字が使われるかご存じですか?

 

鶏にはくちばしはありますが、歯がありません。

歯の代わりに砂嚢に貯めておいた小石や砂を使って、食べたえさをすりつぶして細かくしているので、「砂」という字が用いられているのです。

 

ちなみに、鳥類以外にも、は虫類のワニが持っているほか、恐竜でも砂嚢がある種がいたと考えられています。

もし恐竜の「砂肝」が食べられたら、どんな食感や味がするのか、ちょっと気になる担当でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Response