【澤光青果便り】№300 さて本日のおすすめ品は・・・ | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

【澤光青果便り】№300 さて本日のおすすめ品は・・・ 

 subaru

 

 

 

澤光青果は八百屋のいちばん星だ!

なにせ日本一の大田市場の筆頭買い出しで、
仲卸より規模は大きいいのですよ!

こうした迫力満点の「やる気」がお客さまを呼ぶのです。

 

 

 

/////////////////////////////////

 

【澤光青果便り】№300

 

おはようございます

さて本日のおすすめ品は・・・

 

 

  

 

本日のおすすめ品

 

 

澤光300

 

北海道産   『南瓜りょうおもい』

高知県産   『ゆず』

 

南瓜りょうおもい

冬至の七種は「ん」が2つつくもので「なんきん(かぼちゃ)」「にんじん」「れんこん」「ぎんなん」「きんかん」「かんてん」「うんどん(うどん)」でこれらを食べると病気にかからず、うどんは運(うん)・鈍(どん)・根(こん)に通じるので出世するといわれています。

悪運リセットの日

冬至は「一陽来復」の日でもあり、転じて悪いことばかり続いたあとでも、ようやく幸運に向う日とされます。

南瓜を食べて幸運に向かいましょう。

「冬至に天気がよければ翌年は豊作」「冬至に雷が鳴れば雨が多い」「冬至に南風がふけば地震・日照り・大雨」「冬至に雪が降れば豊作」という言い伝えも残っています。

南瓜なんきんりょうおもい

かぼちゃの生産量全国一の北海道には、冬においしいかぼちゃがあります。それが「りょうおもい」。

作り手と食べる人の想いが通じ合って誕生したので、そんな名前になりました。果肉の色が濃く、甘みが強く、ほこほことした食感が特徴。

実際に食べて、何このおいしさ!?と感動しましたよ!お菓子作りにもぴったりです。

夏から秋にかけて収穫するかぼちゃは、秋の食べ物というイメージが強く、実際、冬には輸入物のかぼちゃが中心になっている日本の食卓。

ですが、みなさんは想っていたはずです。

かぼちゃを食べる冬至にこそ、おいしいかぼちゃが食べたい!と。

そして、もちろん、かぼちゃの生産量全国一の誇りを胸に秘める、北海道の生産者も想っていました。

おいしいかぼちゃを届けたい!

そんなそれぞれの想いが結実し、生まれたかぼちゃだから「りょうおもい」。

ゆず

芳香と適度な酸味を持っている香酸柑橘です。果汁を調味料に加えたり、果皮を細かく切って七味唐辛子に入れるなど、食味のアクセントとしてよく利用されます。

また国内では冬至の日に「ゆず湯」に入るという風習もあります。

なお、一般的な「黄柚子」は秋から出回りますが、初夏には「青柚子」も流通します。

基本的に通年出回っていますが、12月が最盛期です。

生産者の皆様本日も素晴らしい逸品ありがとうございます。

本日も宜しくお願い申し上げます。

最後までご覧頂き誠にありがとうございます。

 

 澤光青果 宮下

 

 

 

 

Leave a Response