【澤光青果便り】№145 さて本日のおすすめ品は・・・ | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |

【澤光青果便り】№145 さて本日のおすすめ品は・・・

 

 

澤光青果は八百屋のいちばん星だ!

なにせ日本一の大田市場の筆頭買い出しで、
仲卸より規模は大きいいのですよ!

こうした迫力満点の「やる気」がお客さまを呼ぶのです。 

 

 

/////////////////////////////////

【澤光青果便り】№145

おはようございます

さて本日のおすすめ品は・・・

 

本日のおすすめ品

 

澤光№145

 

 

山形県産   『最上きゅうり』

山梨県産   『幻のぶどう雄宝』

 

 

最上きゅうり

国の指定産地として評価の高い最上地方

卸売市場でトマトに次ぐ扱い量を誇るきゅうりは、日本人に最もなじみの深い野菜の一つです。

山形県の主産地は、40数年ほど前水田からの転作で露地栽培をスタートさせた最上地方。

気候的条件が合致したことと、生産者皆様の地道な努力が結実。

以来、身が締まって歯ざわりの良い上質なきゅうりを産出し国の指定産地にも選ばれ、よりおいしく安定した供給地としての評価を高めております。

きゅうりづくりは、完熟堆肥による土づくりからはじまります。

水やりは不可欠ですが水はけも大事なので、水田からの転作畑では気遣いがとても大切です。

苗は病害に強いかぼちゃを台木とした接ぎ木を行い、アーチ型の支柱にネットを張ってつるをからませるアーチパイプ方式で育てます。

昔は「黒いぼ種」今は断然「白いぼ種」が主流。

初夏、一帯にはすがすがしい香りが漂うきゅうりのトンネル。

黄色い素朴な花が咲くとすぐに実を結び、太陽光を浴びてぐんぐん育ちます。

最盛期には、1日に2回も収穫します!

昼夜の温度差の大きさが果肉を引き締めて瑞々しく香りの良いきゅうりができます。

きゅうりには、表面のブツブツが白くて皮が薄い「白いぼ種」と、黒くて皮が厚めの「黒いぼ種」がある。

今は全体の9割が白いぼ種で、どんな料理にも向くとして人気だ。選ぶなら、このいぼがチクチクするほど新鮮という。

雄宝

非常に希少価値のあるブドウです。

是非ご賞味下さいませ。

親は母:「シャインマスカット」と父:「天山」です。

粒は「シャインマスカット」より大粒で、種無しです。

果粒は裂果も少なく、ボリューム感がタップリ!

透過するような黄金色に輝いた果房は、まさに幻という名にふさわしいブドウです。

果皮ごと食べられる高級品種のブドウです。

糖度は約20度ほどあります。

シャインマスカットに匹敵します。

生産者の皆様本日も素晴らしい逸品ありがとうございます。

本日も宜しくお願い申し上げます。

最後までご覧頂き誠にありがとうございます。

 

澤光青果 宮下

 

 

Leave a Response