日本農業再生 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

野菜を摂る方法の一つに加えて!!

「すばる会員」入会案内 

 

 

原三郎さんからシェア


原三郎さんのプロフィール

 

NPO法人 日本マルベリークラブ

代表理事 President · 2004年6月から現在

桑・カイコ・絹の新しい機能の解明とその利用方法の研究、それらの効果の普及活動

Studies, development and promotion of new functions and utilization of mulberry, silk-worm and cocoon.

 

10592960_705809042788699_2130286056501040046_n.jpg原さんの野菜

 

食事に際して、葉物野菜を150gぐらいをまず食べて、それからその他の食べ物をお好きなように食べる。

追加的に桑葉粉末または桑茶を飲む。

毎食をこんな風に食べていただければ、皆さんが抱えておられる身体上の問題の解決にお役にたつだけでなく、老化予防やアンチエイジングなどの副次的効果も期待できます。

外食なのでそんなことはできないって方、奥様に参拝九拝して弁当を作ってもらう。

せめて野菜ジュースで代行する、桑葉を忘れない、ことで対処してくださいね。

でも、150gの生の葉物野菜を食べるのは苦痛かもしれません。

炒める、湯がく、塩漬け、など何らかの調理をしたものなら食べられるでしょう。

私は塩漬けに注目しています。

理由は、①生なのでビタミンやミネラルの損傷が少ない、②水を除くことができるので、嵩が小さくなりたくさんの野菜を食べるのに都合が良い、などです。

白菜の葉を1.5%の食塩とともに市販の漬物容器で圧縮すると(写真左)、60%の水を除去することができ100gの白菜(写真下)は40gになります。

塩漬けの白菜100g(写真右)は元の生葉250gに相当し、食塩は1.5gしか含まれていません。

食塩を心配される方にとってもお役にたつ方法ではないでしょうか。

1.5%の食塩はそんなに塩辛いものではありません。

そのまま食べることもできますし、お好みのドレッシングなどで食べることもできます。

野菜を摂る方法の一つに加えていただければ幸いです。

Leave a Response