豆苗の薬膳としての効能 | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |カテゴリ一覧 |

豆苗の薬膳としての効能

 

 

 

薬膳料理研究家・餅田 雅子さんからシェア


「今年の夏は、蚊に刺されたのは何と二度だけだったの~^^」と言ったら「もう美味しないんやな^^」って夫に即答された夕べの晩ご飯は「ヘルシー鶏むね肉とセロリ、ピーマン、人参、玉ねぎ、トマトのローレルを効かしたアンチョビバター低温炒め&豆苗とピーマンの常備菜♪」です。(^0_0^)/

1378878_569215506460800_1698761951_n.jpg 豆苗の薬膳

豆苗の薬膳としての効能は、脾胃(消化器系)の気の流れを良くして食欲不振や体力が消耗して嘔吐など続くときなど効果的です。えんどう豆が発芽した若い苗、豆苗は栄養価が抜群に高く、皮膚や粘膜などの働きを向上させて呼吸器系を守るβカロテンや、疲労回復に役立つビタミンB群、免疫力を高めるビタミンCなどが沢山含まれていますね~(^0_0^)/

「大和薬膳料理教室」のグループページでは、どなたでもご自由にご参加頂けます。只今しばらくの間「公開」にさせていただいてますのでお役立ち記事をお読みいただけます。

【薬膳一口メモ】では旬の食材の効能などをUPしています。グループにご参加のみなさんのレシピも魅力的!!どうぞお気軽にご参加くださいね^^ フェイスブック: http://www.facebook.com/groups/yamatoyakuzen/

Leave a Response