日本農業再生 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

享保の大飢饉で奥女中たちも大奥でサツマイモを栽培

「すばる会員」入会案内

 

 

原 三郎さんからシェア

 

66839_569348099768128_536539880_n.jpg 江戸大奥


江戸城大奥、お局さんを先頭に奥女中の集団がしゃなりしゃなり。

実に華麗な光景なのだが、一瞬、妙なる響きが景色全体を真っ白に。

時は享保の大飢饉。

青木昆陽の指導により、奥女中たちは大奥の空き地でサツマイモの栽培。

収穫したサツマイモを食べていた奥女中たち最大の悩みを表している。

サツマイモをはじめ根菜類にはデンプン以外の食物繊維(人間は消化できない)、セルロースをはじめペクチンなど、が大量に含まれている。

これらの食物繊維は大腸で腸内細菌によって消化され、二酸化炭素、水素、メタンなどのガスに変換される。

これらのガスは血液に溶けて様々な有用な働きをするのであるが、過剰に生産されたガスは『屁』として放出される。

つまり『屁』がでるということは、身体に必要なガスが十分過剰に生産されているということだ。

時と場所を選ばなければならないが、『屁』がでるということは極めて良好な腸内環境を形成しているということだ。

願わくば、匂いの少なくあらんことを!

 

原三郎さんのプロフィール

https://www.facebook.com/saburo.hara 


NPO法人 日本マルベリークラブ

代表理事 President · 2004年6月から現在

 

194568d695f31236dca87f48fc62cd92.jpg 原三郎さん


桑・カイコ・絹の新しい機能の解明とその利用方法の研究、それらの効果の普及活動

Studies, development and promotion of new functions and utilization of mulberry, silk-worm and cocoon.

Leave a Response