検索エンジンもキュレーター時代に突入 | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

検索エンジンもキュレーター時代に突入

「すばる会員」入会案内

 

 

 

 

11140274_857960350951233_1344956651927318879_n 検索もキュレーター時代

 

 

フェイスブックの株式会社トモユキオンデマンドからシェア

 

 

弊社の検索がグーグルでは、平均して2位だったものが、ヤフーでは、13位となり同じページのタイトル内に含まれているほかの「キーワード」になればグーグルで1ページでもヤフーでは、4ぺージでも見当たらない。

 

これは、ヤフーの検索エンジンが独自性を持ち始めているのではないかと憶測している。

 

多くの検索データは、そのまま使い、「ランキング表示」する「サブキーワード」等は、ヤフー独自の「アルゴリズム」を設計しているものと思われる!

 

と言うことは、「タイトル」と「内部対策」及び「バックリンク」の「アルゴリズム」が多少ヤフー独自のものに変わって来ているのかも知れない!

 

この憶測が当たっているならば、ヤフー、グーグルの対策を双方で行う必要があろう!

 

それと双方の検索エンジンには、以前と違い「ブログ系」の「ページが上位」を多く占めて来ている!

 

それは、「テキスト文字」による「5,000文字」以上のページが多く見られる!

 

まさしく流れは「テキスト文字」の「コンテンツ」時代に突入したとも言える!

 

「ソーシャルメディア系」のものも多くは、「上位にアップ」されているが、「ブログ系」のものが平均して多くアップされていると感じられる!

 

こうなれば、検索エンジン上位を狙うには「ブログ系」と「ソーシャルメディア系」のツールを使うのが最適でもあるかも知れない!

 

強いて言えば「ブログ系」のページを「キーワード」別に何ページか作れば最適ではないかと思われる!

 

それは、「タイトルキーワード」ごと「検索エンジン」に見つけられやすいからでもある!

 

そうすれば、「ヤフー」、「グーグル」の「検索エンジン」に双方の対策をしなくても表示される確率は高いと言えるのである!

 

「ブログ系」や「ソーシャルメディア系」以外は別途対策を行うのが最適であるだろう!

 

 

 

Leave a Response