コンンビニの野菜は鮮度管理と価格の弾力化を! | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

コンンビニの野菜は鮮度管理と価格の弾力化を!

 

 日本農業再生

 

 

 

 

 

ソーシアルメディアでアグリビジネス

 

 

コンビニも見切り販売を!

 

 

 

 

食品安全教育研究所の河岸 宏和さんからシェア

 

 

とても大切な指摘をされています。

 

 

コンビニの野菜もきちんと鮮度管理して、古い物値引きをしてくれるともっと売れるような気がします。

値引いて売り切って欲しいものです。

 

コンビニの野菜コンビニの野菜

ーーーーーーーー

 

 

いまや、食品小売業はコンビニ抜きに語れませんが、システムを考えている人たちが融通が効かないため商機を逃がしています。

生鮮食料品の特徴は、時間とともに商品は劣化して価値をなくしていきます。だからプロの目利きが必要となります。

コンビニはいちばん大切なところをアルバイト負かせにしています。

こうしたことが理解できるならもっと集客できますし、利益確保ができる繁盛店となるのです。

マニュアルだけで動く人間の弱点です。

 

 

Leave a Response