お正月の締めくくりに七草粥を | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |メルマガ登録 |

お正月の締めくくりに七草粥を


A-19-3-26-2322

 

 

 

青森合同青果

 

 

 


青森合同青果株式会社

 

 

 

 

 

ソーシアルメディアで青果物流通

 

 

 

 

 

お正月の締めくくりに七草粥を

 

 

 

 

 

 

松の内は現在では1月7日までというのが一般的

 

 

 

 

 

 

古くは松の内は1月15日の小正月までとされましたが、現在は1月7日までというのが一般的。

松が取れるとお正月もおしまいで、しめ飾りや松飾りを取り外し日常に戻ります。

この日に一年間の無病息災を祈って春の七草を混ぜ込んだ「七草粥」を食べます。

春の七草が文献に初出するのは、室町時代に書かれた源氏物語の注釈書の「河海抄」。

七草の種類を「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞ七草」と七五調で詠んでいます。

リズミカルで覚えやすいですよね。

 

 

 

 

 

 

Leave a Response