特産物はまず地元でしっかりした販売を! | -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |カテゴリ一覧 |

特産物はまず地元でしっかりした販売を!

 

 

 

 

 

 

 特産物はまず地元でしっかりした販売を!

 

 

 

 

A-20-11-25-2120

岩津ねぎの栽培園地

 

 

 

 

 

 

この岩津ねぎは岩津ねぎを推奨してきた山根成人さんたち「種とり人から種とり人へ」で復活の努力をされてきたものです。

復活に異論はありませんが、販売においてはまず地元でしっかり定着させることが大切です。

少し人気がでてきたからといって、競合産地がひしめく東京・大田市場などで販売すると寿命が短くなるでしょう。

そもそも岩津ねぎは朝来の狭い山間で栽培されていたもので、産地拡大ができませんから・・・

詳しくは私の記事「兵庫の伝統野菜【岩津ねぎ」が大田市場に初入荷】をご覧ください。
 
+++++++

cook nippon !@CNipponさんからRT

庫県・朝来市で、特産の『岩津ねぎ』の収穫が始まっているといいます。

江戸時代から同地域で栽培が始まり、生野銀山で働く人たちの冬の栄養源として食されました。

白ネギと青ネギの中間に位置し、青葉から根近くまで余すことなく食べられます。

甘く、太く、柔らかいのが特徴で、収穫は来年3月まで。

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

Leave a Response