とうもろこしの収穫作業(ブラジル) | 日本農業再生 ソーシャルメディアアグリビジネス  -->
|ホーム |「すばる会員」申し込み |「メルマガ」登録 |お問い合わせ |カテゴリ一覧 |

とうもろこしの収穫作業(ブラジル)

 

 

 

 

 

海外食料需給インフォメーション
(Global Food Supply & Demand Information)
-農林水産省政策課食料安全保障室ー

 

 

 

 

 

 

 

 

とうもろこしの収穫作業(ブラジル)

 

 

 

 

 

 

N-19-7-20-1-1

N-19-7-20-1-2

 

 

この圃場(ブラジル、マット・グロッソ州)では、6月上旬に冬作とうもろこしの収穫作業が行われていました。3,000ヘクタールの広さを持つ農場です。

写真は、高収量品種を導入した圃場で、ここの単収は7.8トン/ヘクタールと予想されています。USDA予測によれば、ブラジルの平均単収が、5.6トン/ヘクタールであることを考えると、とても高くなっています。

もう一つは、収穫されたとうもろこしをトラックへ積み替え写真であり、生産者が所属する農業組合へと搬送されます。

なお、7月の米国農務省需給報告によると、ブラジルの2018/19年度のとうもろこし生産量は、米国、中国に次いで世界第3位の1億100万トンの見込みです。

◎海外食料需給レポート(6月版)公表しました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Leave a Response